ダイヤモンドの見極め|自分達との相性の良い業者を見つける|婚約指輪は大切なアイテム

自分達との相性の良い業者を見つける|婚約指輪は大切なアイテム

ウェディング

ダイヤモンドの見極め

ダイヤの指輪

ダイヤの4Cを押さえる

婚約指輪の特徴は、ダイヤモンドと言っても過言ではありません。もちろん誕生石を贈るケースもありますが、やはり定番中の定番は永遠の輝きのダイヤモンドです。とても高価な宝石なのでしっかりした品質のものを選べるよう、ダイヤモンドの4Cは押さえておきましょう。カラットは「重量」の意味で、1カラットは0.2gで計算されます。カラーの「色」も、値段を左右する重要な要素です。最高とされるのがDカラーで、無色に近づくほど稀少性が高まり高値がつきます。ピンクやレッド、ブルーなどの特別な色のファンシーカラーを除き、スタンダードな透明のダイヤが高く評価されます。また、「透明度」を表すクラリティの項目では、当然透明度が高いほど値打ちも上がります。「研鑽」を意味するカットは、研磨の善し悪しとプロポーションの評価でグレードが決まります。

ダイヤモンドに詳しくなる

満足度の高い婚約指輪を購入するためには、ダイヤモンドに詳しくなりましょう。ダイヤモンドの基礎知識を覚え、実際にダイヤの婚約指輪をたくさん見て歩く工夫で、どんどん良いダイヤモンドを見極められるようになります。価格の価値があるダイヤモンドかどうかチェックすることができれば、本当にクオリティの高い婚約指輪を見つけることができます。初心者だとダイヤモンドと言うだけで緊張してしまいますし、どれも同じように見えてしまいます。ダイヤモンドの基礎がある程度分かっていれば、装飾にごまかされずにダイヤの価値を判定できます。プロのように細かいところまで分からなくても、大体のところまで知っているだけでかなり選び方に差が出るはずです。